一般的な看護師のライフスタイル

今回は、看護師の一般的なライフスタイルについて語っていきたいと思います。
看護師の朝の業務開始は大体8時~8時半頃。出勤したら朝のカンファレンスで患者さんの情報共有などを行います。病棟勤務の場合は、担当している患者さんの体調チェックや検査、薬の配布、点滴の管理、食事介助などを行います。外来勤務の場合は、外来患者さんの対応や医師の診察の補助、検査などが主です。
また、研修やセミナーなどに参加することもあります。

昼食はお昼前後の時間帯に交代で各自取ることになります。午後も同じように業務を行い、空いた時間に看護記録を付けます。その後、夜勤担当に申し送りを行い、16時半~17時半頃に勤務終了です。
夜勤の場合は16~17時頃に出勤し、日勤担当からの申し送りを受けた後、夕食介助や患者さんの体調チェックなどを行います。消灯後は随時患者さんの状態を確認しながら、ナースコール対応や看護記録の作成などを行います。日勤担当に申し送りをして、8時頃に勤務終了です。

なお、看護師は仕事以外にも自分で勉強し知識やスキルを高める人が少なくありません。プライベートな時間を使うほか、夜勤中の少し落ち着いた時間で勉強する人もいるようです。プライベートでは旅行に行ったり、エステやマッサージに行ったりして、日頃の疲れをリフレッシュできるような過ごし方がよく見られます。業務は多忙で変則的ですが、休みの組み合わせなどで連休をとることは可能なので、上手にお休みを使っていくといいでしょう。